最期の意思を正確に反映した相続ならまず弁護士に相談

###Site Name###

相続は、死亡によって開始され、相続人が任定又は法定の割合に従い、財産的価値のある一切の権利義務を分けます。
そして、基本的に遺書が残されていれば、その最期の意思を尊重し記載内容に従い、遺書が無ければ相続人全員参加による協議によって遺産分割が行われます。

ガジェット通信はかなり有益な情報が揃っています。

これらことから、円滑な相続には遺書の作成が鍵となりますが、例え遺書があったとしてもその有効性や効力また遺留分などを主張して親族間でトラブルとなることが少なくないのが現状です。


そこで、自分の最期の意思を正確に反映した相続を実現するには、法律の専門家である弁護士に相談することが1つの方法として挙げられます。



そのメリットは、まず遺書の作成であれば、最終意思を盛り込みつつその厳格な書式や様式また手続を踏み、死後法的に有効なものとしてその効力を発生させることができます。具体的には、自筆証書遺言の作成の場合では、自分の最終意思を正確に反映できる書き方等のアドバイスを受けることができ、また公正証書又は秘密証書遺言の場合では証人の1人として立会を依頼することもできます。

そして、特定の者に対する生前贈与や遺贈の方法に関しても当然弁護士に相談することができます。

また、遺言の執行に際しては、遺言執行者が必要となりますが、遺産の管理及び執行に必要な一切の処分権を有して任務を担う重要な役割がありますので、これを専門家である弁護士に依頼した場合では、第三者として公平な立場から正確に且つ円滑に進められるメリットなどがあります。