遺産相続では弁護士のサポートが必要

###Site Name###

親などの親族が亡くなった場合は、遺産を引き継ぐことになります。

しかし遺産相続に関しては度々トラブルが発生しますので、出来るだけ生前に遺言を残しておくようにすることが大切です。

もし遺言が残されていなければ、遺産分割協議を行って遺産の分配方法を決める必要があります。

もし少しでも遺産分割協議が難航しそうな気配があれば、早めに弁護士に相談することが重要です。



遺産分割に関しては法定相続分が設定されておりますので、ある程度法律に則って遺産分割を行うことが可能です。



弁護士はその手助けを行ってくれます。

教えて!goo情報サイトを利用しましょう。

話し合いが拗れてから、弁護士に相談に行くケースが多いですが、そのような状況では解決するにも時間がかかってしまいますので、トラブルに発展する前に相談することが大切です。

遺産分割協議は成立してしまえば、やり直すことが難しいですので、自分の相続分が少ないなどの不満がある場合は、協議の成立前に弁護士に相談することが重要です。

法定相続分以外にも特別受益や寄与分と言った規定によって、引き継ぐ遺産の額は変化します。その様なことを知らないまま、遺産分割協議に渋々同意してしまわないことが大切です。生前に贈与などで金銭的なメリットを享受していた場合は、引き継ぐ遺産の金額から差し引かれることがありますし、家業などを手伝って故人の財産を増やしたり、生前に介護などを行っていた場合などは、寄与分として法定相続分とは別に遺産を引き継ぐことが出来ます。