相続・財産管理で困ったら弁護士に相談しよう

###Site Name###

弁護士にどんな依頼ができるのかというと、遺産分割請求、財産管理、成年後見、遺言書作成および遺言執行などです。

例えば、遺言書がなく、不動産・山林・株券など多岐にわたる遺産を相続するケースでは、遺産分割の調停を申し立て、法律に基づいて相続人が納得できるように分割をします。

遺言書がある場合は、弁護士が遺言の執行者となります。また父親が亡くなり、残された母親が認知症を患っている場合には、弁護士に委任して成年後見開始の申し立てを行うことができます。



このほか、一般人では判断できない相続・財産管理に関する問題が発生する可能性もあります。

そんなときには、弁護士に相談するとよいでしょう。
法律にふれる事後処理は、被相続人の死亡後、1カ月以内に行うようにするのがベストです。

例えば相続に関しては、限定承認や放棄の手続きが必要になる場合があるからです。



これらの手続きは、死亡後3カ月以内に行わなければなりません。

ビジネスジャーナル情報のご紹介です。

また、戸籍上の全ての人の了承を得なければならない手続きが必要な場合もあります。しかし、親族の中に音信不通で連絡がとれない人がいれば、できるだけ早く弁護士を介して行方を捜す必要があります。専門家は強い味方になってくれます。

といっても、依頼者自身でなければできないことも数多くありますから、あらかじめ準備して法律事務所を訪れれば、スムーズに相談することができ、早く解決が見込めますから、その分費用も軽減できます。

主だった遺産については資料を準備してください。
遺産分割への的確な対処のためには、資料の吟味が不可欠です。